忍者ブログ
競泳水着大好きイラストサイト『Dolphine Skins』のブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
でございます。
新居へ移動するまでの残り時間が。

それにしても今回のマンションの滞在期間は短かったですね〜。
たった5ヶ月。
今まで過去最短の滞在期間じゃないでしょうか。
今まで…

ええと、ちょっと数えてみたのですが、私は生まれてこのかた何度引っ越しをしてきたか。

まず、生まれたのは東京の三鷹市というところです。
親が自営業ということもあって、家族が増える、成長して部屋が必要になる等の理由により、三鷹市内だけで3回引っ越しを経験しました。
最後の引越し先は今も実家として両親が住んでいます。
その後、就職してすぐに武蔵野市は吉祥寺のアパートで一人暮らし。
嫁を見つけて同居、後に杉並区へ引っ越し。
ここまではそれぞれの家まで自転車で回れるくらいの移動範囲でしたが、この後に大きな引越が待っていました。
結婚して家を建てたのです。
山梨県大月市に。
ところがこれが色々とありまして4年でそこを引き払わなければならないことに。
同時に嫁子供と別居(後に離婚成立)。
家は昨年秋にローン完済目前で無事売却。
さて、大月の家を出てからは一旦三鷹の実家へ。
ところがそこへ弟が(結婚で家を出ていた)色々あって戻ってくるという話になったため、私が代わりに出ることに(実家、狭いです)。
ここからが激しい。
まずは中野区上高田のアパート(2K)に。
そこに2年いて、その4年前から付き合い始めていた彼女(とその連れ子)と同棲することになって、中野区中野3丁目のマンション(3DK)へ。
ところが2年で彼女とは破局。
中野という土地の利便性、通勤の利便性等を考慮して中野区新井のマンション(1LDKメゾネット)へ。
しかしながら引っ越し当日に、破局したはずの彼女の転居先が私の転居先から徒歩で3分と離れていない場所であることが発覚。
実際にそこにいた1年の間に何度も街中でバッティングするため、なんかもう気が休まらない。
いつ何時その辺の路地からひょっこり彼女が出て来るんじゃないかと不安で仕方ない。
これは精神衛生上大変よろしくないと判断して引っ越すことに。
西日しか差し込まない点と近隣に893が住んでることと室内の螺旋階段が広大な吹き抜け構造のために冬場まったく暖房が効かないことを除けば、とても気に入っていた物件だっただけに、かなり残念でした。
去年の秋、大月の家が売れたことで手に入ったしょぼい現金を手に、今住んでいる中野区東中野のマンション(1DK)に転居してきた時は、さすがにもうこのまましばらくここにいようと思っていたのですが…。

ダメ。
ちゃんと計算したはずだったのに、実際に家具を運び込んでみたら狭すぎました(^_^;)
クローゼットも幅90cmしかないから服は全部ニトリの衣装ケースに入れて部屋に出しておくしかないし、ダイニングっていったって実質4畳もないし、布団は干せないし、オートロックは男の一人暮らしにはメンドウなだけということもわかったし…

というわけでこの度の引っ越しです。
本当にこれで最後にしたいです。
数えてみればここまで11回も引っ越しています。
今度で12回目です。
もういいでしょう(笑)


もういいでしょう・・・

拍手[1回]

PR
さて、引っ越しで何がメンドウかというと荷造りは勿論ですが、電気・ガス・水道のライフラインの停止と開始、テレビ・ネット・電話等の通信インフラの移転、住民票、金融機関、運転免許証、加えて勤務先への転居届等諸手続きが山盛りで襲ってきます。

でもまぁ私の場合、電気とテレビはJ:COMで割引サービスを受けているので電話1本で設置依頼をするだけ。
ガス・水道は手元の請求書にあるお客様番号・地域番号を元にネットで移転手続きは完了(ガスだけは開栓の立会が必要なの電話もしましたが)、ネットはSoftbank Airなので回線手続きは不要、電話はスマホのみで固定なしなのでこれまた手続き不要、住民票・金融機関・運転免許証は実際に転居してからの方が手間がかからないので後日でOK。
とまぁ、平日に半日時間がとれれば全て済む範囲の作業でした。
7年間で5回の転居歴は伊達じゃないw(金の無駄です)

できれば今回で終わりにしたい。

何しろ住居スペースとしては過去最高の物件ですし、これ以上は望むべくもない。
加えて土地勘もあるし買い物にも不便はしないし通勤時間も5分伸びるだけ。
もういいでしょう。
引越し業者の選定も済んで、料金も駄々をこねて現住所に越してきたのと同額に収まりました。

そうそう、引越し業者といえば。

今回、ネットの総合案内に登録して一斉に10社くらいから連絡をもらって、ウチ5社くらいに見積もりをたてさせたのですが、ちょっとモヤりました(^_^;)
まず真っ先に連絡を寄越した業者さん(結局ココになった)は、最初「電話でもお見積可能ですよ」というスタンスだったのですが、「単身者の引っ越しだと思っていたら痛い目見ますよ」的なことを言ったら、すぐに出向いて実際に見てくれるという返事。
なかなか好印象。
次に来た連絡の業者さんは、「平日は仕事しているから帰宅は夜7時以降」と言ったら「営業時間外なので対応できません」とケンモホロロ。
そうしたら普通は土日の予定を打診しませんか?
それすらないんですよ(^_^;)
ええ、すぐに切りました。
さてお次は恐らく今回連絡を寄越した中では最大手のアー○引っ越しセ○ター。
「ご希望はGW前半というお話でしたが、実際にはいつですか?」
という質問を投げてきたので
「転居先のクリーニングがいつ終わるのかまだ聞いてないんですが」
と答えたところ
「引越し日が決まらないと概算も出せません。よって訪問もできません」
「・・・・」
昨日今日始めた商売じゃあるまいし、土日祝祭日と平日とハイシーズンとくらいザックリなら出せるでしょうよ。
しかもオペレーターの女性が機嫌が悪いのか、ものすごくツッケンドンな話しぶり。
前回はここに頼んだのですが、以後はカットとします。
でもこれならまだ良かった。
酷かったのは今回始めて名前を聞いた某社。
「お一人のお引っ越しなら当社でしたら3万円でやります」
「いや、無理だから。前回ダンボールだけでも70箱近くあったし、一回見に来て」
「衣装ケースの中身をそのまま運べば大丈夫です」
「だから衣装ケースはそのままで、他にダンボールが70箱あるの」
「…ではお伺いします。4日後でよろしいですか?」
「(なんでそんなに時間がかかる?)…いいですよ。ただ帰宅は夜7時以降になるけど」
「大丈夫です!では7時から9時までの間ということで」
「…よろしくお願いします」

2日後。
「お問い合わせ頂きましたお引っ越しの件でお電話いたしました」
「…(何かあったのかな?)はい」
「お見積りですが、当社でしたら3万円で…」
「いや、あの、先日その話はもうしましたよ?営業さん2日後にウチに来ますよ?」
「え?…えーと…そのような予定は伺っていませんが…」
「(おいおい)とにかく2日後の夜7時以降にいらっしゃるようなので」
「はぁ…」

で、2日後、来ねーでやんの。

当日、急いで定時で会社を出て待っていたのに電話の1本も寄越すことなく華麗にスルー。
その後も一切連絡なし。
社名をTwitterとFacebookで晒してやろうかとすら思いました。
しませんけどね。
変に炎上しても対応している暇ないし。

結局、実際に見に来て見積もってくれたのは最初の1社だけでした。
そこの営業さんがなかなか感じが良い方だったのと、当初の見積もりは8万円だったのですが、前回の大手が同じ積載量を7万円でやってくれた話しをしたら「それでやります」と言ってくれたので、そこに決めました。
来訪予定をブッチされた件も電話で話したら爆笑していました(^_^;)
たまにあるんだそうです、そういう業者。
ちなみにこの営業さん、前はその大手にいたそうですw
なんか態度が気に入らなかった話をしたら、「あそこはねー、黙ってても仕事が来ますからねー」とか。
上のブッチ業者が、2t車1台で人足2人、3万円で受けようとしていた話もしたのですが、
「私、現場に13年いましたけど、Ka-iruさんのこの荷物量はそれでは絶対無理だと言い切れます」
だそうです。
実際に単身者ではあるけれど、荷物量は夫婦と子供1人の核家族丸ごとの荷物量なんですって。

なんか…すみません。

というわけで、引っ越し日は5月11日に決まりました。
あと2週間半。
経験上、荷造りは仕事をしながらでも1週間あればできるので、GW後半から取り掛かろうと思います。
ダンボールの手配もそれでお願いしました。

これは内見をした時の引越し先のダイニングルームの写真ですが、ここで13畳あります。
現住居の荷物はほぼ収まります。
この他にベッドルームが6畳以上あるので、恐らくは余裕のある暮らしができるのではないかと今から楽しみです♪
できれば仕事を辞めるまで住みたいな〜。

拍手[0回]

ええと、お久しぶりです。
ほぼ1ヶ月ぶりですが、前にどんな日記を書いたか…

ああ、iMacを買ったところまでですね。

あれから色々あったようななかったような。
で、最近のトレンド(トレンド?)は「ザ・引っ越し」です。

「え?昨年末に引っ越したばっかじゃね!?」
というご意見もあろうかと思いますが、その通り。
昨年末に現東中野のマンションに越してきました。
ところが、引っ越し完了当初から「あれ?こんな狭かったっけ?」という疑惑がありまして。
それでも何とか5ヶ月ほど我慢してきたのですが、このたび良い物件をみつけましたので、再度引っ越しを重ねることといたしました。
まぁ、知り合いは全員大反対でしたね(笑)
そりゃまぁ、1回の引っ越しでなんだかんだ諭吉さんが60人くらい出ていってしまうわけですから、そんな無駄な金があるなら他に使えと仰るのもわかります。
でも住むのは私。
36平米と聞くとそこそこの面積があるように思えますし、DK8畳、リビング6.6畳あれば十分だろうとも思えるでしょう。
が、DKは実際には玄関からの廊下の突き当りの左側にキッチンスペース、右側にダイニングスペースというT字型をしていて、キッチンはアパートの廊下ほどの幅、ダイニングは実質3畳くらいしかない。
リビングもクローゼットが壁から突き出す形で出ていて、しかも幅が90cm。
コートとスーツとジャケットを入れたらもうパンパンです。
おかげでシャツや下着、セーターやら何やらは全てニトリの衣装ケースに入れて積むしかなく、他に収納は一切ないために客用布団やコタツ布団、その他数々の小物は収納を買って建て付ける必要がある。
結果、6.6畳の表記に対して実質住スペースは5畳そこそこ。
テーブルとテレビを入れたらベッドも置けません。(布団を敷いて畳んでた)
建物自体は前回のマンションに続いてヘーベルですから非常によくできているのですが、何しろダーツのスローラインも取れないほど狭い上にバルコニーに布団が干せない…(大家さんの家の中庭に面しているのでバルコニーの手摺に上にプラバシー保護用の半透明な強化プラスチックパネルが嵌っている)。

昨年末の引っ越しは、その2ヶ月ほど前に山梨にあった持ち家が売れてちょっとした資金ができたためでしたが、今回も身内からのちょっとした(意図しなかった)サプライズマネーが転がり込んできたことから可能になったもので、しかしながらそれを足場により高い家賃の部屋に越すほど馬鹿はできませんでしたから、
1)家賃は同程度
2)場所は同じ東中野
3)駅から徒歩10分以内
4)40平米以上
5)2階以上
6)南向きで布団が干せるバルコニー付き
という無茶とも言える条件を敢えて課して、ネットで検索、仲介業者を数か所訪問、内見を10箇所以上行って…。

見つけました。

探せばあるものなんですね。
実は部屋探しを始めた当初、ネットで見つけて内見を申し込んでから不動産屋に出向いたら、タッチの差(ホントかどうかは不明)で既に申し込みが入ってしまったとかでダメだった所なんです。
その後10軒ほどネット→不動産屋→内見を繰り返していたある日、帰宅後に日課になっていたネット検索を掛けたところ、ダメだったはずのこの物件がまたネットで「即入居可」になっている…。
すぐに不動産屋に電話しました。
なんとキャンセルが出たという。
即座に翌日(その日は金曜の夜だった)に内見の予約を朝一番で入れてもらい、土曜の10時に現地へ。
行ってみて気づいたのですが、ここ、私が実家から中野区に引っ越してきた時に最初に住んだアパートから50メートルくらいしか離れてない。

上の矢印が新居、下の矢印が最初のアパート。
このアパートからスタートして中野区内で3回引っ越しをしていて、最終的に最初のアパートの至近距離に戻ってきたことになります(笑)
コレも何かの縁でしょうかね。

ちなみに新居の床面積は驚きの50平米超えです。
上に上げた条件も全てクリア。
それなのに家賃は1000円安くなりました!
まぁ、その分駅からの距離は3倍(現在は徒歩3分)になりましたが。

これから怒涛の引越し準備に入ります。
GWがあって良かった〜(^_^;)

拍手[0回]

あけましておめでとうございます。
今年もDolphine Skinsを宜しくお願いします。

コミックマーケット93に出撃なさった皆様は大変お疲れ様でした。
3日目なんか開始早々に雪まで降ってきてちょっとびびりましたが、何とかすぐやんでくれて助かりましたね。
私は1日目の「お姉ちゃんと少佐」さんで田中敦子さんから本を購入してお声まで聞けたので満足です。
ナマで聞く少佐の声は演技と違ってちょっと高めでかわいらしかったです♪
できればお姉ちゃんの声もお聞きしたかったなぁ(^_^)

2日目は自宅待機…というか3日目に委託していただく新刊のCD-ROMの仕上げにあたふたしていました。
なんでPC周辺機器っていうやつは、ここぞという時に言うことを聞いてくれなくなるんでしょうね(笑)
今回もジャケットを印刷しようとした途端に「接続機器と通信できていません」みたいな表示が出て、解決するまで2時間くらいかかりました。
何度かプリンタとPCを再起動しているうちに、突然繋がって復活したんですけど、理由がわからないからこの先も微妙に不安です。

3日目当日は、朝6時に起きて30分で支度し、ビッグサイトには7時45分に到着しました。
「カツオ私設ギャラリー」のカツオさんとパートナーさんは既にいらしていて、スペースに山盛りになっていたチラシを片付けておいででした。
私は自分の品をお渡ししたらもうやることがない…(^_^;
あとはスペース裏に入って、持ち込んだMyシートを組み立てて、ポスター裏でまったりさせて頂いていました。
自分のスペース以外でのコミケ参加は実に10年ぶり?くらいだったのですが、時間が流れってこんなにゆったりだったかなぁと。
普段、自分のスペースにいる時は、商品の補充とか接客とか知り合いへの挨拶とかで割と動いている印象があるのですが、今回はそれがない分非常にゆったり。
あんまりゆったりなもので、途中で何度か寝落ちしてました(オイ

おかげさまで用意した新刊CD-ROM「ぬめ☆ぴた3」は委託にも関わらずそこそ

こ捌けてくれて、個人的には非常に満足な結果となりました。
落選して凹んでいた(モデルさんの手配とか、モデルさんに着ていただく競泳水着が無駄になったりとか)私に声をかけてくださったカツオさんには、ただ感謝の一言しかありません。
ありがとうございました。


さて、年も明けて2018年ですが、今年はどんな年にしましょうかね。
夏コミの申込書はちゃんと買ってきたので、当然参加する気持ちはありますし、夏までしばらく時間もありますのでこれからゆっくり考えようと思います。

とりあえず、お雑煮が食べたいな(笑)

拍手[1回]

する日が決まりました。
来月、12月2日です。
今度の部屋は床面積にすると1割りほど狭くなるしメゾネットタイプじゃないしで、割りと手狭な感じを受けますが、そもそもが男の一人暮らしで40平米以上は贅沢でしょ、と(^_^;
中野駅の北口徒歩8分、新井薬師商店街のど真ん中に住んでいたので、昼間にぎやかなのは良かったのですが、しょっちゅう窓の外を人が通るのが見える(建物自体はちょっと奥まっているので、向こうからは意識的に見ないと目に付かない程度の距離はありますが)のが地味に効く(^_^;
その上スカジャン羽織って自分の子供(4歳くらい)を口汚く公道でののしる親とか住んでるし、二階のバルコニーは西向きで洗濯物の乾きは悪いし…。
新居は隣の東中野駅から徒歩3分です。
めちゃ近い(^_^)
東中野っていうと割りと地味な印象がありますが、実は緑は豊かだし駅前にスーパーが3軒(LIFE、サミット、まいばすけっと)あるし、小さな銘店もあるしで、案外あなどれません。

昨日、引越し業者が来て見積もりをたてて行ったんですが、男の一人暮らしにしては尋常ならざる衣装ケースの量(20ちょっと)にひいてましたw
そのうち6割が競泳水着とレオタード類だと知ったら、きっとドンびきだったろうね。
あと、パソコンの数にもひいてたかな。
私の部屋は見た目Mac miniとWindowsの筐体しか見えないのですが、実は机の下やらキッチンやらにノートPC(うち4台が常時スタンバイ)もありまして…。
「2台…ですね」
「いえ、8台です」
「・・・・」
そんな感じ。
帰るまで散々「データの破損は保証しかねますので…」と言ってました。
大丈夫、大事なデータはクラウドか外付けの持ち運びできるTBハードにあるから。
MacbookAirはそもそも自分で持ち運ぶし。

で、査定を終わって提示してきた額が10万ちょっと。
うん、それ無理。
「まぁ、ざっとこれくらいの額でございますが…いかがでしょう?」
「…あははは」
「ですよね、では…前回のお引越しはおいくらでしたか?」
「7万円」
そう答えた時の業者さんのこめかみの引きつり方は漫画かと思いましたw
「えー…イイ線突いてこられますね(笑)」
「でしょ?(^_^)」
そこからその営業さんと上司さんが電話で10分ほどお話し。
「…わかりました。では7万円で」
ラッキー♪
ご苦労様です。

本当にご苦労様です。

確かに私の場合は単身者の引越しですよ。
メゾネットで2間あるけど、それほど荷物は多いようには見えませんよ。
…でもね。
オタクをなめちゃいけない。
荷物のほとんどが本と紙資料なんです。
ダーツ道具(50セット分くらいある)は重金属(タングステン)の塊なんです。
前回ぴちぴちの若いスタッフさんが3名で来てたけど、2時間の予定が5時間かかってたんです。

本当にご苦労様です。

あとは公共料金の設定しなおしとネット環境の整備ですね。
今週の土曜日に70箱のダンボールが届いたら、少しずつ荷造りを進めようと思います。
来週には契約と鍵の引渡しがあるので、新居に行って部屋の隅々を採寸して、現用家具をどこに配置するかの図面をひいて…

楽しくなってまいりました♪

拍手[0回]

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
Ka-iru
HP:
性別:
男性
趣味:
イラスト、ダーツ、小説、映画
自己紹介:
競泳水着に魅せられた同人絵師が、コソコソまったりとやってるブログです。
特に重要なお知らせとか、知って得するマル秘情報なんかはどこを探しても出てきませんので、ゆるゆるとご覧頂ければと思います。
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ  /  [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: Dolphine Skins Blog All Rights Reserved