忍者ブログ
競泳水着大好きイラストサイト『Dolphine Skins』のブログです。
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109
こんにちは。

前々回から続いています「Dolphine Skins」はなぜこんなサークルになってしまっているのか?についての考察(?)のつづきです。

・・・「第3回」とか付けた方がいいのかな?


「描けるなら 描いてしまえ 競泳水着」とばかりにHPを立ち上げ、偶然コミケの抽選にも当たり、描きたいことを勢いで描いた同人誌が完成し、それがそこそこの売り上げを果たした結果、1回で活動を終了するのもなんだか勿体無いという貧乏根性が頭を持ち上げてきたわけですが、はて、次は何をすればいいのだろう?という単純な疑問にぶち当たりました。
漫画でもない、イラストだけでもない、他に類似した内容の同人誌もそうそうない、一応やりたいことはやっている体の本でモチベーションもある、評判も悪くない・・・ので、つまりはこのままGOでいいわけですが、そもそも素材(市販されている競泳水着)の数と種類には限界があります。しかもウチは「ハイカット(ハイレグ)の女性用競泳水着」という、当時一斉にメーカーが手を引いた(スパッツ・フルレングスに流行が移行)狭いカテゴリーに突っ込むという、まさに自分で自分の首を絞めている状態。
果たして、あと何冊作れるのだろうか?
ここは今一度、コンセプトの練り上げをし直さなければすぐに行き詰ってしまうと思いました。
「第1のコース」はとにかく「描きたい水着を描く」がテーマだったので、こうしたテーマをいくつか列挙してみました。

・レアモノ水着
・水球・フルバック・ハイネック水着
・三大メーカー(asics,speedo,arena)以外の水着
・初心者のための、正規品・オークションで今買えるハイレグ水着
・単一型番特集
・オリジナルデザインの水着
・ジャンル関係なく描きたい水着
etc...

こうして挙げてみると、できることは案外少ない。
合間合間に「欲望の赴くままに描きたい水着を描く」という息抜きのような本を挟んだとしても、そう永くは続けられないのはこの時点でわかっていました。
まぁ、作れても10冊くらいかなぁ・・・というのが当時の予測でした。
そう考えると今現在も何とか毎回のコミケで新刊が出せている状況は、なかなか頑張れているんじゃないかと思います。
勿論、中には「描きたい水着を描く」など、複数回採用した企画もありますし、2年前の夏前に突然訪れた「フロントジッパー+水中ニーソ」なんていう、今ノラなきゃいつノルの!?みたいな瞬発力だけの企画ものも挟まったりしていて、迷走とまではいきませんが、チャンネルの拡大というか脱線というか、そういう幅の持たせ方もいいかなと思っています。
まだちょっと精神的にアレなんで描き始めていませんが、一応この夏は(コミケが当選すれば)競泳水着が出てくる漫画にも手を染めてみようかと。
ただ、その後が予測できないんです。
正直、水着の手玉がもうない。
描きたい水着はほぼ全て描いてしまいましたので、さてどうしようかと(^_^;

一度フルレングスやスパッツ、あるいはグッと外れてレオタード本なんかも作ってみますかねぇ。
あまり売れそうにないけど。
レオタードで百合かぁ・・・(百合は外せないらしい)


さて、次回はシーズン2に突入している競泳水着着用百合エロ小説「カルキは秘密の香り」シリーズについて書いてみようと思います。

ではでは。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
text
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret   
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ka-iru
HP:
性別:
男性
趣味:
イラスト、ダーツ、小説、映画
自己紹介:
競泳水着に魅せられた同人絵師が、コソコソまったりとやってるブログです。
特に重要なお知らせとか、知って得するマル秘情報なんかはどこを探しても出てきませんので、ゆるゆるとご覧頂ければと思います。
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ  /  [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: Dolphine Skins Blog All Rights Reserved